身体

筋トレをする者にとって筋肥大は最重点目標です。また、アナボリックな体内環境作りは必須です。この同化ホルモンの分泌を促すことが絶対条件になります。全記事にも書きましたがカタボリックホルモンとの戦いだけでなく、体内のアナボリック環境の促進 ...

身体

日々、熱心にトレーニングに励んでいるトレーニーの皆さんは筋肥大はトレーニングの強度やボリュームだけで起こりうるとお思いですか?

もちろん、栄養にも気を使っていますよ、高タンパクな食事を摂っています。とお答えと思います。本当 ...

身体

筋肥大を目指している方や健康目的の方にも必見の栄養学です。たんぱく質だけで良いのかどう?参考文献は東京大学大学院総合文化研究科、身体運動科学研究室博士課程在籍の管理栄養士、健康運動指導士でもある竹並恵里先生です。

身体

ミオスタチンのレベルを下げることができれば筋肉の成長は促進されるのか

ウエイトトレーニングを行っている者として目的は、ずばり筋肥大だと思います。が、しかしこれが意外と難しいのです。筋肥大を促すトレーニング方法はボディビル関連の

身体

ドーピングをして筋量を増やしたい欲望にかられる前に知っておきたいこと

長年ウエイトトレーニングをやっていると節目、節目に大きくならない体に嫌気がさしてドーピングをしてみようかな、という欲望にかられたことがあるトレーニーの方はた

身体

いまいましいトレーニングの敵の関節痛

トレーニングを続けていると関節痛に悩まされます。僕も現在、右ひじの傷みに悩まされています。週末に肘用のサポーターを買ってきて少しトレーニング時に傷みは和らいでいる様な感じがしますが、騙しているだけで ...

身体

自分の代謝能力を理解しよう

人それぞれに資質の違いがあります。言い換えれば遺伝的要素です。代謝能力にも遺伝的要素で変わってきます。つまり、すべての人が同じメニューでは減量は成功しないと言うことです。過去2回の記事で体のタイプが

身体

脂肪細胞数が決まるタイミング

現在、減量中の方は多いはずです。夏場に備えてダイエットを意識する季節がやってきました。でも、中にはなかなか体脂肪が減らず大きな壁にぶつかり、絞ることを諦めようとしている人もいるでしょう。前回、人は遺伝的要素 ...