筋肉ナビ    40分ワークアウト

ビギナーから中級者のためのウエイトトレーニング解説

© 筋肉ナビ    40分ワークアウト All rights reserved.

ナッサー•エル•サンバディ

20136/14

ナッサー•エル•サンバディ夢をありがとう

1997年のオリンピアで優勝させてあげたかったナッサー

2013年3月20日に急死したナッサー•エル•サンバディ90年代に活躍したナッサー•エル•サンバディが3月20日に47歳という若さで急死しました。僕も雑誌で知ったのですが、死因は腎不全との事です。2005年のコンテストを最後にその姿を見る事はありませんでしたが、その巨大なフィジークは印象に残っています。特に1995年にオリンピアで3位に入賞した頃はドリアン•イエーツをはじめモンスターボディビルダーが目白押しの時代でした。確か、1996年に大阪に来た時に見た印象はサイが歩いてきたかと思ったほど巨大なサイズに驚かされました。身長は僕と同じ178cmですが当時の僕はオフは95kg。ナッサーはコンテスト時が125kgでしたので、あの時は140kg以上あったと思います。

聞けば大の親日家だったとか。比べたら叱られますが、彼の始めてのコンテストは1985年です。20歳の時です。元はサッカー少年で脚の筋トレを行っていたそうです。その後。ボディビルとの出会いからビルダーになったそうです。くしくも僕も1985年30歳からウエイトトレーニングを始めました。年齢は10歳違いです。90年代はドリアン•イエーツやポール•ディレット、ショーン•レイ、フレックス•ウイラー、そして、大好きだったケビン•レブローニと言ったビルダーが僕自身のトレーニングのモチベーションを大いに上げてくれました。ビデオも良く買いました。その中でもドリアンやナッサーは別格でした。現役を引退していてもまさかこんなに早く亡くなるとは残念です。本当にご冥福を祈ります。思い出に彼の写真を投稿してみます。今の若い方は多分、知らないと思いますので。

ナッサー•エル•サンバディ

ナッサー1965年10月15日にドイツのシュツットガルト市で生まれる。父親はエジプト人、母親はユーゴスラビア(現セルビア)人。自身はユーゴスラビア国籍を取得している。

1985年 ドイツ•ジュニア•ステート•チャンピオンシップで6位入賞。5年間のアマチュア時代を経て1990年、30歳でプロに転向。転向後の7年間は大学にも通う。アウクスブルク大学で歴史学、政治学、社会学の修士を修得している。

1994年 ナイト•オブ•チャンピオン2位 オリンピア7位 ウイダー社と契約

1995年 ナイト•オブ•チャンピオン1位 オリンピア3位

1996年 オリンピア3位(利尿剤検査で失格)

1997年 オリンピア2位(この後ドリアン引退)

1998年 オリンピア3位(ロニー•コールマン優勝)

アーノルド•クラシック優勝のナッサー1999年 アーノルド•クラッシック1位 オリンピア6位

2000年 オリンピア5位

2001年 オリンピア9位

2002年 オリンピア15位

2005年 現役引退

 

 

 

1997年のオリンピアではドリアンの仕上がりよりナッサーの方が遥かに上回っており、サイズもまさっていたと言われています。youtubeで最後に2人がコンテストの発表を待っている姿が映ります。2位とコールされたナッサーの無念そうな顔が印象的です。

 

問題の1997年オリンピアの動画(ドリアンとナッサーを比べてみて下さい。)

YouTube Preview Image

 

1985年のナッサーの姿(若い、細い!)

1985年のナッサー

1996年の大阪での大会の時チラシの写真(懐かしいです。行きましたよ!)

来日時のナッサー

ナッサーを偲んでもう1枚

ナッサー

ナッサーについて詳しく知りたい方はHuge Nasser

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トレーニングに大切な食事

20152/4

筋トレに大事な栄養学を竹並恵里先生に学んでみる

筋肥大にだけ特化した栄養だけでは未来が無いのでは! 今回は僕の1番の愛読書である『トレーニングマガジン』で毎回連載されていた管理栄養士、健…

バーベルカール

筋肥大にチーティングを取り入れてみよう

チーテイングというとトレーニング経験者の方なら聞いた事のある言葉と思います。チーティングにも良いチーティングと悪いチーテ…

パンプアップした肉体

201410/29

パンプアップから未来の自分の姿を想像できる!

パンプアップとは トレーニングの経験者である皆さんはパンプアップによる血管の隆起や筋肉の張った自分の姿にうっとりとしたことがあると思います…

木澤選手

筋肥大の為の肩のトレーニングをもう一度おさらいしてみます。(その2)木澤大祐選手編

肩のトレーニングほど個人でフォームの違いがある部位は無い 前回に高梨圭祐選手の肩のトレーニングについて書きまし…

高梨選手

筋肥大の為の肩のトレーニングをもう一度おさらいしてみます。(その1)高梨圭祐選手編

有名なビルダー選手の肩のトレーニング方法や考え方を調べてみました。 皆さんも肩のトレーニングでは思ったように発達しなくてお悩みの方は多…

ページ上部へ戻る