筋肉ナビ    40分ワークアウト

ビギナーから中級者のためのウエイトトレーニング解説

© 筋肉ナビ    40分ワークアウト All rights reserved.

愛用のサプリメント

愛用のサプリメントを紹介します

トレーニングをするならサプリメントの摂取は重要です

愛用のサプリメント26年間に渡ってサプリメントを摂っていますので色々と買って試してみましたが、定番はプロテインとクレアチンとグルタミン、それにアミノタブレットとマルチヴィタミンはずっと買い続けています。
メーカー等は色々と試しましたがしっかりしたブランド品であればほぼ同じだと思います。
それとジョイントケアのサプリメントや減量期のダイエットサプリメントも色々と試しました。
一番基本となるプロテインを取り上げてみます。

プロテインの選び方

ビ•レジェンドのプロテインプロテインはどのメーカーもタンパク質の量もさほど代わりが無くカローリーの量もほぼ同じなので、僕は飲みやすいものを選んでいます。
毎日飲む物なのでプロテインは2〜3種類買っています。(味を変えて)
今現在はDYMATIZE社のELITE Gourmetプロテインと最近愛用しているリアルスタイル社のbeLEGENDのプロテインのすっきりリンゴ風味と南国パイン風味の全3種類を飲んでいます。ELITE Gurmetプロテインもカプチーノ味で美味しいのですが毎日複数回となると飽きがきます。プロテインはミルクぽい味が多いのでbeLEGENDのフルーツ味は重宝しています。

カゼインプロテインそれと寝る前にはカゼインプロテインも摂っています。
ゆっくりと消化吸収してくれるので睡眠中にはピッタリです。

 

 

 

 

 

プロテインも色々と最近は発売になってきています。その種類を勉強してみましょう。

プロテインの種類

  • アイソレート•濃縮ホエイプロテイン
  • 加水分解ホエイ
  • カゼイン

アイソレートタイプ•濃縮ホエイプロテイン

濃縮タイプはタンパク質の含有量が80%のプロテインです。アイソレートタイプはもう少し精製されタンパク質の含有量は90%以上となっています。
濃縮タイプは純粋なプロテインではありませんが、完全に精製されていないことから、ホエイのペプチド分子がより損なわれていない形で残っています。つまり栄養面でのメリットを備えてるということです。

加水分解ホエイ

ホエイは消化過程の一部を製造過程で完了することにより、消化•吸収をより速くすることができます。加水分解ホエイはホエイプロテインの鎖を分解し、より小さなペプチドの形にしたもので、摂取した際に消化管での分解が不要になるので、より速い吸収が可能になり、筋肉により速く送り込まれます。

カゼイン

消化•吸収が時間をかけて進み、筋肉に安定的にアミノ酸が送り込まれます。つまりタンパク質合成を長時間に渡って持続出来ます。
カゼイネート(カゼイン塩)タイプのものか(カルシウムカゼイネート、ナトリウムカゼイネート、カリウムカゼイネート)、またはミセラータイプを選ぶようにしましょう。
ミセラータイプは液体に溶けにくいのでカゼイネートタイプよりさらに消化•吸収は遅いです。
アイソレートタイプや濃縮ホエイプロテインは、トレーニング直後に最適のプロテインです。なぜなら、消化•吸収の速いホエイはアミノ酸を筋肉に素早く送り込み、成長と回復を促すからです。
しかし、それだけでは不十分です。加水分解とカゼインを合せて摂ることにより大きな効果が得られます。加水分解ホエイによりアミノ酸の取り込みがさらにスピードアップされ、カゼインによってアミノ酸の吸収が長時間にわたって持続するからです。

プロテイン摂取のタイミング

朝の摂取 アイソレートか濃縮タイプ

トレーニング前 アイソレートか濃縮タイプ

トレーニング後 加水分解タイプ

夕食後の食間 アイソレートか濃縮タイプ

就寝前 カゼイン

5回も飲むのですかと質問されそうですね。1回に25g〜30gを5回摂って125gから150gです。トレーニングしていればこれくらいの量は必要と思います。

プロテインのことはこれくらいで次ぎに書いていますジョイントケアのサプリメントはトレーニングを継続的に行う方は是非摂って下さい。僕のように年中、肘の傷みに煩わせられることが無い様に常日頃から摂取することをお勧めします。

ジョイントケアのサプリメントは継続的に

続いてサプリメントですが関節の保護に予防としてのジョイントケアのサプリメントは必須です。

グルコサミンとコンドロイチンは摂るように心がけましょう。
継続的に摂ることが予防になります。痛いからと摂取してもすぐに効果は出ませんので。

ジョイントケアのサプリメント

 プレワークアウトのサプリメント

プレワークアウトのサプリメント

写真左のC4EXTREMEはワークアウトの前に摂ります。
成分は長くなりますが、いつも買っているMuscle Eliteさんのサイトよりお借りして。

C4は最も強力なプレワークアウト・インテンシファイアー!

C4エクストリームには、Cellucor独自のNO3テクノロジーを駆使し、クレアチン硝酸エステル、ベータアラニン、アルギニンAKGなどの有効成分が相乗的に配合されています。

C4エクストリームは、トレーニングに対する気持ちに火をつけ、強度の高いトレーニングを完行するための爆発的なエネルギーを生み出します。

C4の特徴

  • NO3パンプテクノロジー
  • 爆発的なエネルギー生産
  • クレアチン硝酸エステル配合
  • 急速かつ効率的な吸収システム

クレアチン硝酸エステル

体内の一酸化窒素レベルとATPレベルを同時に高め、筋肉のパンプアップを増大させると共に、パワーと筋持久力を増大させます。また、効果的に血管を拡張させ、トレーニング中.後に摂取する栄養成分を筋肉細胞までしっかりと到達させ、必要な栄養成分の供給能力を飛躍的に向上させることができます。さらに、クレアチン硝酸エステルは腸壁を浸透するため、そのほとんどが有効成分のまま血液中に放出され、クレアチン特有の胃腸の不快感を引き起こすことはありません。

ベータアラニン

ベータアラニンは筋肉のエネルギーを生み出すカルノシンレベルを高め、パワーと筋持久力を増大させてアスレチックパフォーマンスを向上させます。また、乳酸の蓄積を防ぐことが分かっており、長時間にわたりパフォーマンス能力を向上させることが可能です。

アルギニンAKG

アルギニンAKG(アルファ-ケトグルタル酸)は、体内一酸化窒素の前駆体です。AKGは血管を拡張してパワーを増大させる一方、成長ホルモンやインシュリンの分泌を促進します。

N-アセチル-L-チロシン

N-アセチル-L-チロシンは、L-チロシンより尿中排出される割合が低く体内利用能に優れています。L-チロシンは副腎ホルモンや成長ホルモン、エピネフリ ン、ドーパミン、ノルエピネフリンの前駆体となるアミノ酸で、集中力や精神的覚醒高め、脂肪燃焼を促進すると共に体内のエネルギーレベルを増大させます。

カフェイン

カフェインは中枢神経を刺激し、集中力とやる気を高め、脂肪燃焼を促進すると共に体内のエネルギーレベルを増大させます。

Mucuna Pruriens

Mucuna Pruriensは、八升豆もしくはベルベットビーンとして広く知られており、脳内でドーパミンに変換されるアミノ酸誘導体:L-ドーパを含んでいます。 ドーパミンは、カラダの成長と回復に関係する最も強力なホルモンのひとつである成長ホルモンの分泌をサポートすることが分かっています。また、ドーパミン は脳内でノルエピネフリンに変換され、体の代謝やエネルギーレベルを増大させると共に、アドレナリン反応を高めます。

ナイアシンアミド

ナイアシンアミドは、ビタミンB3またはニコチン酸アミドと呼ばれる水溶性のビタミンです。ナイアシンやニコチン酸は関節可動性や筋力、神経系の機能を改善 するビタミンとして知られています。また、筋肉疲労を減少させることで、筋肉の運動キャパシティーを大幅に改善することが分かっています。

葉酸

葉酸は、体のエネルギーレベルを高め積極的な気持ちを促進する水溶性のビタミンです。成長過程にある細胞の形成や、ダメージを受けた細胞修復を健全にサポートします。

シネフリンHCL

シネフリンは、体のエネルギーレベルやATP合成を増大させるアドレナリン作用を引き起こすための強力なスティミュレーターとなります。また、アドレナリンを刺激することにより、体の代謝や体熱生産性(サーモジェネシス)が高まり、脂肪の燃焼を強力に促進します。

ビタミンB12

メチルコバラミンは、いくつかあるビタミンB12のタイプの中でも最も強力なフォームです。ビタミンB12は、細胞代謝やエネルギー生産をサポートすると共に、脂肪の燃焼を促進します。

プレワークアウトのサプリメントはトレーニング前に必要な成分を押さえているので便利です。これらの成分を1つずつ摂るのはめんどうなので重宝しています。

アルギニンのサプリは血流を増やしてパンプ感が有るのでトレーニングには僕には手放せません。

少し高いのが(7,000円から10,000円程します)難点ですがこれらを全部揃えようと思えばもっとします。

それとトレーニング中にも摂りますが、力が湧く様な感じ(多分、暗示でしょうが。)がします。

これらは買う価値が僕はあると思います。

毎月のことですので余り高価な物や種類を増やせば増やす程、お小遣いが無くなりますが、最初に書いたように最低限のサプリは摂ることをお勧めします。

また、面白い(良く効く(個人差がありますが。))サプリメントがあれば紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トレーニングに大切な食事

20152/4

筋トレに大事な栄養学を竹並恵里先生に学んでみる

筋肥大にだけ特化した栄養だけでは未来が無いのでは! 今回は僕の1番の愛読書である『トレーニングマガジン』で毎回連載されていた管理栄養士、健…

バーベルカール

筋肥大にチーティングを取り入れてみよう

チーテイングというとトレーニング経験者の方なら聞いた事のある言葉と思います。チーティングにも良いチーティングと悪いチーテ…

パンプアップした肉体

201410/29

パンプアップから未来の自分の姿を想像できる!

パンプアップとは トレーニングの経験者である皆さんはパンプアップによる血管の隆起や筋肉の張った自分の姿にうっとりとしたことがあると思います…

木澤選手

筋肥大の為の肩のトレーニングをもう一度おさらいしてみます。(その2)木澤大祐選手編

肩のトレーニングほど個人でフォームの違いがある部位は無い 前回に高梨圭祐選手の肩のトレーニングについて書きまし…

高梨選手

筋肥大の為の肩のトレーニングをもう一度おさらいしてみます。(その1)高梨圭祐選手編

有名なビルダー選手の肩のトレーニング方法や考え方を調べてみました。 皆さんも肩のトレーニングでは思ったように発達しなくてお悩みの方は多…

ページ上部へ戻る