筋肉ナビ    40分ワークアウト

ビギナーから中級者のためのウエイトトレーニング解説

© 筋肉ナビ    40分ワークアウト All rights reserved.

img091

POF法(ポジション・オブ・フレクション)

POF (ポジション・オブ・フレクション)とは

POFとはポジション・オブ・フレクションの事で訳すると『屈曲の位置』の事です。

筋肉を成長させるにはあらゆる角度から刺激が必要です。

それを効率よく1回のワークアウトに取り入れたのがPOF法です。

 

POF (ポジション・オブ・フレクション)理論

上腕二頭筋を例にとると肘を伸ばしきって完全に伸展させた状態、

肘を十分に曲げて完全に収縮させた状態、

肘を直角まで曲げて収縮と伸展の中間状態を作る子ことです。

この3つの種目を選択してワークアウトを構成すれば最小限の種目数で最大限の効果が

得られるというのがPOFの考えです。

  • 最大限に伸展させた状態で最大負荷がかかるのがストレッチ種目
  • 収縮した状態で最大負荷がかかるのがコントラクト種目
  • 中間地点で最大負荷のかかるのがミッドレンジ種目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トレーニングに大切な食事

20152/4

筋トレに大事な栄養学を竹並恵里先生に学んでみる

筋肥大にだけ特化した栄養だけでは未来が無いのでは! 今回は僕の1番の愛読書である『トレーニングマガジン』で毎回連載されていた管理栄養士、健…

バーベルカール

筋肥大にチーティングを取り入れてみよう

チーテイングというとトレーニング経験者の方なら聞いた事のある言葉と思います。チーティングにも良いチーティングと悪いチーテ…

パンプアップした肉体

201410/29

パンプアップから未来の自分の姿を想像できる!

パンプアップとは トレーニングの経験者である皆さんはパンプアップによる血管の隆起や筋肉の張った自分の姿にうっとりとしたことがあると思います…

木澤選手

筋肥大の為の肩のトレーニングをもう一度おさらいしてみます。(その2)木澤大祐選手編

肩のトレーニングほど個人でフォームの違いがある部位は無い 前回に高梨圭祐選手の肩のトレーニングについて書きまし…

高梨選手

筋肥大の為の肩のトレーニングをもう一度おさらいしてみます。(その1)高梨圭祐選手編

有名なビルダー選手の肩のトレーニング方法や考え方を調べてみました。 皆さんも肩のトレーニングでは思ったように発達しなくてお悩みの方は多…

ページ上部へ戻る