筋肉ナビ    40分ワークアウト

ビギナーから中級者のためのウエイトトレーニング解説

© 筋肉ナビ    40分ワークアウト All rights reserved.

40ワークアウト筆者 吉村良二

60才への挑戦 40分ワークアウトを書くにあたって

ブログを書くにあたってまずは自己紹介。

皆さん、初めましてこのブログの運営者のgijoegallianoこと、吉村良二です。

30歳から始めた筋トレも早、27年目に入ります。途中、ケガで中断した時もありましたが、好きなのでしょうか、健康の為に続いています。

3年前にこれを書いているWordPressに出会い、これを機会にトレーニングについて参考になることを紹介していこうと思い立ちました。

上級者の方は知識もあり、確実に成果を出していると思います。

しかし、僕の通うジムでは何年も見ていますがトレーニングの知識が無いのか、全くと言って良い程、すばらしい身体を手に入れている人は少なく、間違ったトレーニングをされている方が大半です。

そして、ほとんどの方が志し半ばで退会されていきます。たぶん、成果があがらないので嫌になっていると思われます。

筋トレは間違ったフォームや効かせ方が分からなければ効果は望めませんし、知識も必要です。

そんな、世の中の初心者から中級者の方の参考になればと始めました。

 gijoegallianoこと吉村良二の写真

 

年齢はこの1月31日で56才になりました。

職業はお風呂のリフォームを専門でやっています。株式会社リプロと言う吹けば飛ぶ様な小さな会社を経営しています。

株式会社リプロと吉村良二

趣味は小さなフィギュアを作って塗ること、写真を撮ること、ファッションが好きなこと、勿論、トレーニングが好きなことです。

リプロの社長奮闘記 ちょっと除いてみて下さい。

趣味のヒストリカルフィギュアのブログ 小さな兵隊さんはyahooブログです。

 趣味の28mmフィギュア

そして、我が女王陛下(恐妻家です。)と一緒の写真です。

女王陛下と筆者の吉村良二

中高年になってポッコリお腹や若い頃と違って締まりの無い体に嫌気がさしている方は多いと思います。

仕事をしていると中々ジムに行く時間も取れない。または、トレーニングのやり方は解らないし、長時間のトレーニングは明日の仕事に差し支えると思っている方。

体作りは、ゆっくりと楽しみながら行いましょう。

1回、40分でいいんですよ。

肉体改造を志すなら無理をして短期間で成果を上げれると思わないことです。

長い積み重ねですが半年を契機に変わってきます。

働いていて明日にあまりに疲労が残るのは考えものです。

僕も50才くらい迄は1時間半以上のトレーニングを週に4〜5回程しても疲労感はありませんでしたが、55才を越えた今は疲れが取れず、健康の為にやっているのに真逆の感じがし、トレーニング時間を半分以下にしました。

週にトレーニング時間を1時間半で3回よりも40分程度で5回で各パート毎に練習をし出してからの方が成果が出ています。(疲労感もありません。もちろん、個人差もありますが)

このブログで基本に忠実に、そしてトレーニング理論を学んでワークアウトを楽しみながら続けて行けばあなたもきっと理想の体が手に入ると思います。

ワークアウトは知識と粘りが大事です。

これから、僕と一緒に挑戦していきましょう!

 本当のきっかけは

30才から始めたウエイトトレーニングですが52才の時に左腕の大きな怪我をし、中断していました。

それと、1年程前から右半身の麻痺(特に右手で字が書けない)が出て、医者で精密検査の結果、頸椎の生まれついての奇形が解り、椎間板がぼろぼろで将来は車イスを覚悟しました。

どうせ、治らないのなら好きなトレーニングをリハビリを兼ねて少しづつ、いえ、思い切りやりました。(少しヤケバチ)

やっている内に痺れも、麻痺も段々収まって来ました。

と思っている矢先に今度は右足の下肢の指が動かなくなり階段を這って上がらなければ

ならない状態で、歩くのもゆっくり、勿論、ジョッギングすら今は出来ない状態です。

脊髄の中の管の2カ所が生まれついての細さで神経が圧迫されているそうです。

どうせいつかは症状が悪化するかも知れないなら60才でボディビルの大会に一度出てみようと思い、

去年の7月から週に4〜6回ジムに通うようになりました。(ここで40分ワークアウトを思いつきました。)

40才代の頃の筋力と筋量には、ほど遠いですが、後4年あればそこそこやれるのでは無いかと思い始めました。

このブログはこれから4年後の大会に向けての記録であり、また、サプリやトレーニングを通じて1人でも多くの皆さんにトレーニングの良さを知ってもらい、これがアンチエイジングにもなることを自分の肉体で検証してみたいと思います。

サブタイトルはトレーニング解説  なけなしの知識の中で経験上から伝えたいことや新しく学んだことなどを初級から中級の方へのウエイトトレーニングのヒントになればと思って書いていきます。

そして、この今の自分の状態から抜け出す(不可能かも知れませんが)為にも少しずつ前進していきたいと思います。夢はかないます!

そして ”絶対に人間は変われます。その気になれば!”

この言葉を信じて一緒に頑張っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トレーニングに大切な食事

20152/4

筋トレに大事な栄養学を竹並恵里先生に学んでみる

筋肥大にだけ特化した栄養だけでは未来が無いのでは! 今回は僕の1番の愛読書である『トレーニングマガジン』で毎回連載されていた管理栄養士、健…

バーベルカール

筋肥大にチーティングを取り入れてみよう

チーテイングというとトレーニング経験者の方なら聞いた事のある言葉と思います。チーティングにも良いチーティングと悪いチーテ…

パンプアップした肉体

201410/29

パンプアップから未来の自分の姿を想像できる!

パンプアップとは トレーニングの経験者である皆さんはパンプアップによる血管の隆起や筋肉の張った自分の姿にうっとりとしたことがあると思います…

木澤選手

筋肥大の為の肩のトレーニングをもう一度おさらいしてみます。(その2)木澤大祐選手編

肩のトレーニングほど個人でフォームの違いがある部位は無い 前回に高梨圭祐選手の肩のトレーニングについて書きまし…

高梨選手

筋肥大の為の肩のトレーニングをもう一度おさらいしてみます。(その1)高梨圭祐選手編

有名なビルダー選手の肩のトレーニング方法や考え方を調べてみました。 皆さんも肩のトレーニングでは思ったように発達しなくてお悩みの方は多…

ページ上部へ戻る